セラミドには保湿効果があります

セラミドは皮膚の一番上の層である表皮という部分の角質層にあります。
細胞と細胞の隙間をうめる細胞間脂質と呼ばれる成分の1つです。細胞間脂質には細胞と細胞をつなぐ接着剤のような役割があります。


これによって角質層がすき間なく敷き詰められ、外部からの刺激を防いでくれる役割があります。

それと同時に肌の中にある水分を外部に出さないように保持する効果もあります。



そのため、セラミドは保湿効果が高い成分として知られています。


しかし、加齢によってその量が減少してしまうという特徴があります。

20歳前後の含有量を100%とすると、40歳頃には50%程度にまで落ち込んでしまうと言われています。そのため、肌の保湿効果が減ってしまい、乾燥しがちな肌になってしまうのです。

エキサイトニュース情報を探しましょう。

それが、シワやたるみの原因となってしまうこともあります。
セラミドは表皮の一番上の層にある保湿成分なので、スキンケアで補うことができます。


もっと肌の奥の層であれば、補うことは難しいとされています。そのため、セラミドが配合されているスキンケア用品や化粧品は数多く存在しています。


乾燥肌の人や肌荒れなどのトラブルを抱える人にとってはおすすめです。

詳しく知りたい肌荒れにセラミドの情報サイトです。

しかし、そのまま配合しているだけでは角質層のごく表面にしか届かないこともあります。スキンケア用品や化粧品の中にはセラミドをナノ化して角質層に浸透させやすくしているものもあるので、品質や製造方法などを考慮して選ぶことが大切です。